2017年8月20日 (日)

20170820シャロンケーキバイキングオフ会

今日は遠いんですが
埼玉の入間でケーキバイキングオフ会をやりました
シャロン
ショーケース
食べた物
みんな1時間以上掛けて来てくれましたが
その価値はありました
だいぶ前から少しづつ値上げして
それでも1300円というコスパ
ケーキの種類は全18種類
一番人気はグレープフルーツゼリー☆☆☆
欠点は注文してからスイーツが出てくるまでに
時間が約5分くらい掛かります
ハーフサイズに切り分ける作業で時間を食うみたい
お替わりもみんなで4回して、
総合約20分はロスした(*_*;
1つのテーブルでトレー1個
4人でトレー1個で12個〜14個くらいは乗ります
ハーフサイズの物ばっかにしたらもっと乗るかもww
60分制じゃなかったら全種類制覇は絶対出来るかも(つд`)
こちらは7月〜9月末までの(日月木金の週4回)なので
埼玉県民や遠くても行ってみたい方は
是非行ってみて下さい
オフ会前に入間のジョンソンタウンに行って来ました。
元米軍基地を綺麗にした感じです☆
アメリカ人は1人も見当たらない(笑)
狭山の近いので茶畑(狭山茶)
オフ会後にいるまの湯に行って来ました
430円は激安だよ?(OωO; )
そして帰り途中に新柏のオペラ座を観てきました
1人でもオフ会や友達同士で行くのも一緒なので
いつも通りのことを書かさせて頂きます☆
自分のオフ会は、マナーを守って、
美味しい物を美味しく頂いて、店員さんやシェフの
笑顔を見てオフ会を楽しみたいと思っておりますヾ(≧∇≦)

2017年8月17日 (木)

支え

指原莉乃プロデュースアイドル、デビュー

指原莉乃プロデュースアイドル、デビュー曲解禁で良曲揃いが話題余韻が凄いさっしーの作詞ハイセンスほか写真あり

遊戯王DM8/19第130話神を喚ぶ三騎士

8月19日7:30放送予定
第130話神を喚ぶ三騎士

準決勝第2戦、遊戯VS海馬のデュエルが続く。神のカードを持つ者同士の闘いは、どちらが先に神のカードを召喚するかを読みあい、けん制し合う緊迫した展開となっていた。

海馬は、攻撃力2800という強力なモンスターXYZドラゴンキャノンを召喚する。遊戯には、これに対抗できるほどのモンスターはなく、しかも海馬のオベリスクの封印も次のターンで解けてしまうため、遊戯に勝機はないかに見えた。しかし遊戯はリバースカード魂の綱を使って、今回のキーポイントであるキングスナイトを召喚。

さらに、このキングとクイーンが場にそろったことにより、デッキからジャックのカードを特殊召喚することに成功する。

そしてこの3体をいけにえにして。

2017年8月15日 (火)

(続3)コメツキバッタ(あきかん)へのお説教−ソースはきちんとしたものを出しましょう−

おいらの日記やら掲示板やら散々荒らしてくれたけど、結局は尻尾を巻いて逃げるハメになったわけだよね?なんでこんな目にあうか分かる?しかも蜘蛛さんによると10年前から同じようなことやってるんでしょ?たぶん、周囲にちゃんと言ってくれる人がいないし、自分で気づけないようだから、おいらがちゃんと言ってあげるよ。数回シリーズになるからちゃんと読むんだよ?「長すぎて読めない」っていうなら、その悪癖を直した方が良いよ?相手の言いたいことが10項目あったとして「2つ以上のことは読めない、一つに書け」なんて通じる?「要件定義書の修正は3点までしか書かないでください」なんて通じる?だから長くてもちゃんと読んで理解するように!今回は4回目だね
コメツキバッタはさぁ、慰安婦の日本政府による強制動員について証拠が無いことを指摘されると、概略以下のようなことを言ったよね。「証拠は全て日本軍が隠滅した。外国人の物も、本人だけではなく家族や関係者の物も、戦後の物も含めて全部日本軍が隠滅した」「1980年代まで証言すらなかったのはそれだけのトラウマを日本軍が与えてそれが溶けるのに40年以上かかっただけ」「あれだけの被害者の証言があるのだから、事実と信じることが当然」「世界中からの非難決議があることが証拠、それが国際常識」
自分の頭で普通に考えて、上記が本当に有り得ると思う?最後のだって慰安婦が性奴隷だったっていう非難と人身売買に関する非難の決議であって「軍による強制動員に関する非難決議」じゃないよね?そういう基本的なことも踏まえずに「俺がそう推認するからそれが証拠」ってさ、有り得ないよ。しかも誰が見てもそうだなっていうのじゃなくて「当時は不法行為でなかった慰安婦の証拠を日本軍が地元民からの襲撃に怯える撤退戦で外国人の物も個人の日記や書置きも含めて、20万人の自称被害者とその家族・関係者ぶんも含めて完璧に証拠隠滅した。戦後に書かれた物も隠滅した。日本には検閲があった」なんてさ、誰が信じるのさ?それを本気で「そう強く推認される」っていうのなら、本当におかしいと思うよ。それは「信じたいから信じる」でしかない。
そもそも、ソースを出せと言われて「既に出した」って繰り返すけどさ、「じゃあ、何月何日何時のコメントがそれなのか?」って聞いても「それは書かない」とか、「再度コピペしなよ」って言っても「しない」を繰り返す。それはね、ソースを出していないのと同じ行為なんだって理解してる?「以前にソースとして出していないから日時指定もコピペもできない。無いものは参照のしようがない」としかとらえられないんだよ。だから、出したっていうのならちゃんと出しなよ。
それにね、ソースとしてWikipediaを出すこと自体は、世間一般はどうか分からないけど、おいらは完全には否定しないよ?でもね、その内容が100%正しいわけではないし、社会的に認められている審査のある学術論文とか、政府の公式発表などに比べれば証拠能力が低いことは間違いないよね。どうせソースを出すならそういうソースを求められたら出さなきゃダメだよ。ピンクみたいにどっかの大学院生のブログの記事を持ってきて「これがソースだ!」って威張るのってすっごく格好悪いよ。「なかいひろきはWikipediaをソースにする大バカ者で、どっかの大学院生のブログの記事をソースにしている俺の足元にも及ばない無知低能だ!」はっきり言うと、多くの人の目に晒されているWikipediaの方がよっぽど信用能力があるし、こんなことを書くと世間一般では冷笑すらされないことだから気を付けた方が良いよ。
あとさぁ、日米安全保障条約でアメリカに日本防衛の義務があるかっていう点では「条約で義務付けるには明文規定があることが必要だ」っていうピンクの言葉に乗って同じ主張を繰り返していたけど、おいらに「条約に関するウィーン条約第31条」っていうソースを出されて何も書けなくなったよね。そこには「条約は、文脈によりかつその趣旨及び目的に照らして与えられる用語の通常の意味に従い、誠実に解釈するものとする。」って明記されてたよね?こういう時はね、素直に「自分の書いていたことが間違いと理解しました」って書くのが当然なの。「世間一般常識もしらねぇのかバカ!」って言ったんだよ?すっごく格好悪いけどさ、間違えを認めることできないでいる方が格好悪いって分かる?
ちなみにピンクは「これはウィーン条約限定のものだろ。読めないのかバカ!」って言って、おいらに英文のソースで「条約全般に関するものだろ」って言われてこの件に関しては完黙だから類友だけどさ、コメツキバッタは真っ当な人間になりたかったら、少し付き合う相手を考えた方が良いと思うよ。
まぁ今日のお説教をまとめるとね「議論はソースをつけてしましょう。あなたの想像やら推認やらはソースになりえません」「ソースはちゃんとしたものを出しましょう」「一般常識として言い張ったことをソース付きで否定されたら謝りましょう」ってことだよ。理解できる?
それと、これはコメツキバッタへ無償奉仕してあげるお説教であって、こんなレベル低いことをコメツキバッタが諭されているってこと、友達さんたちが知ってもコメツキバッタの自業自得で、嫌がらせでも何でもないとおいらは思っているから、それは勘違いしないでね
これまでのお説教
条件提示の基本
 https://SNS.jp/view_diary.pl?id=1962029165&owner_id=23406453
交渉の基本
 http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1962044913&owner_id=23406453
他人のコメントを削除してはいけません
 

終戦記念日

第二次世界対戦が昭和20年8月15日終戦を迎えおわりましした。8月6日と9日の原子爆弾がきいているのでしょう。

二度と戦争はおこしてはなりません。祖国をまもるためなくなられたかた。祖国といっても男と女です。男のために死ねるひといません。女をまもるためです。
大東亜圏という大義名分があれば国益のためですがそれがなくなると戦争の大義はなくなり女を抱くことに集中します。悲惨なものです。
もともと土地の取り合い主権の争いならあんなにもえないのです。女の取り合いで武力衝突するのです。
詰まる所主権は大義名分で女の取り合いなのです。大義名分がなくなると女しかなくなるのです。
女なんてどうでもいいひとは戦争なんか馬鹿げているのです。
戦争にかこつけての虐殺は目をみはるものがいります。
殺しあいが正当化されるのです。多く敵方を虐殺したものが勲章をうけるのです。
戦争はあってはなりません。
日本は無条件降伏し領土も主権もなく女はなにをされてもしかたないというものでした。
多くのアメリカ兵により日本の女性おびただしい数ですおかされました。成人女性はほとんどです。
戦争はあってはなりません。戦争からはなにもうまれません。
終戦記念日はよかったことです。

その5時間には宝物しか埋まってなかった【レッスルミュージックマニアウィークエンド(#WMW)参戦記】


2017年8月11日24時。レッスルミュージックマニアウィークエンド(以下、WMW)参加してまいりました。初めて参加するイベントに関しては感想ブログを書いている私ですけれども、今回はそれまでの中でも特筆すべき5時間だったんじゃないかと思っております。
そもそも、このイベントはプロレスDJイベントなんです。聞きなれない方も多々おられると思いますけれども、プロレスにおける入場テーマやプロレスラーが歌っている曲、プロレスを題材とした作品のテーマ曲などに特化したジャンルなわけです。このジャンル変わってるのはそういった楽曲は古くはレコードになっていて収集家もたくさんいるといて、プロレス楽曲をかけるDJもいたというのにそういったDJだけが集まるイベントはなかったわけです。私がメンバーであるジャイアントスイングコネクション(以下、じゃすこ)の旗揚げが今年1月、一番最初に行われたとされる大阪の狂い咲きサンダーリップスでも2回目と言う状況、これまでのプロレスの歴史からすればいくつもあってもおかしくないプロレスDJと言うジャンルを変珍さんが全国からプロレスDJを集めたプロレスDJ全国大会的なイベントが今回のWMWにあたるわけです。
自分たちも出るし、最初だし、プロレスファンにどう伝えようかと事前にTwitterでよく使っていたコピーは「これは超人オリンピック」みたいな表現だったんだけれども,
5時間振り返って思うのは本当にそんな5時間でした。ちなみにタイムテーブルを見ながら振り返りたいと思います。
【タイムテーブル】
00:00〜じゃすこCREW
最初は我々「じゃすこ」でした。DJやり始めてB to Bとかも含めてチームプレーと言うのをしたことがなくて、初めてのチームプレーでしたけど、30分の時間をDASSAN、マスカラヤマチャン、シマダコフの順番で10分ずつやったわけですけれども、二人がやっている間は先日思いついた「WWEの放送で客席で見切れる観客コスプレ」という事で画用紙に文字を書いて掲げるみたいなことをしてましたけど、全く理解者はおらず(笑)。それでも、自由にやらせてくれた2人にはお礼を言いたいです。
ちなみにラスト10分。
ゴールドバーグのテーマ(WCW)→大家健のテーマ「BAD COMMUNICATION/Bz」→大畠美咲のテーマ「恋のメガラバ/マキシマムザホルモン」→ミル・マスカラスのテーマ「スカイハイ/Jigsaw」の4曲でゴールドバーグ以外はイントロでチラシや歌詞カードを配ってフロアとの距離を縮める作戦に出てみました。
それぞれがそれぞれにリアクションを頂いている中で「スカイハイ」盛り上がりましたね。じゃすこ出たら絶対やってるネタですからどんどんブラッシュアップされてるし、勿論、プロレスファン的には有名中の有名な曲なんですけど、歌詞カードを配った挙句読み仮名までつけて「50名の合唱」と言われるような場面が生まれました。
間接的な評価を見ると来場してない人も字面を見て「発音の仕方が本格的だ」とか「そこまでする人いるの」的な評価もあって嬉しかったです。さて、その後プロレスサンデーよりキバ・マスカラスさんが登場でしたけれども、狙ってスカイハイを流したわけではなくて、トップバッター特有の決め打ち選曲でこうなりました。
ちなみにお客さんと終った後に話してて「じゃすこの皆さんが一番まともでしたね」みたいに言われてたけど、『最初の20分はですね』と返してましたけど、キバさんもスタンダードスタイルでしたね。
00:30〜プロレスサンデーCREW
メキシコの国旗を背負ってマスクをかぶってプレイしたキバ・マスカラスはカッコよかったですね。写真撮っておけばよかった。その後も変珍さんたちのプロレス実況で盛り上げたり第2MC的な活躍をしてた愛すべきマスクマンでした。静岡市内でプロレスイベントをしてたけど、レゲエBARの店長が急にプロレスイベントをやることになり名前を付けられたらしいです。
学生プロレスやられてたんじゃないかとかそういうのを伺わないまま別れてしまいました。ちなみに彼のターンの最後は同日の両国国技館でのG1クライマックスの結果を受けて内藤哲也のテーマ「STARDUST」で締めくくりました。
01:00〜清野茂樹
DJデビュー戦だったの?と言うくらい滑らかなぎ、更にそこに本職でらっしゃる実況(たまに故・桜井康夫さんの解説の真似)を加えるという飯伏のプロレスを始めてみた時のような衝撃を受けたのは間違いない。
「真夜中のハーリー&レイス」をオンタイムでないながらもリスナーだったり、2011年のももいろクローバーZとの絡み始めたのを見てたのでその声が生で聞けているという現実は夢のようでした。しかも、御馴染みのスーツはプロレスで言うとコスチュームみたいなもんだったんだなぁとか思いながらもその40分を楽しませて頂きました。殆ど、リアルタイムで見た事無いレスラーばかりでしたけど、実況付きだったからその光景が浮かび上がるようでした。
それにしても桜井さんの真似凄い似てた。フロアでおしゃべりもさせてもらって一緒に写真と著作にサインを頂きました。
01:40〜変珍とゆかいな仲間たち
今回はシングルマッチでヘン・チーナ対DA PUMP松本の一戦。場内をフルに使って楊枝をバットガールを凶器にしたと思ったらヘン・チーナが「asia行くぞー」って叫んで場外戦。渋谷は円山町の夜空の下での熱戦に観客の声援が!そこに救急車が来ちゃって焦って急に静かになる大人達(笑)。誰彼ともなく交通整理し始めたりとかも含めて総合芸術の域に入ってた気がします。中でもレフェリーが試合じゃなく車を取り仕切ってたのは名シーンでしょう。ちなみに赤と黒の縦じまの服の方レフェリーです。
中に戻ってからはゆーとぴあ式サイリウムアタックとかあったなかで「瞳を閉じて/平井堅」が流れて時空が歪んでスローになりDA PUMP松本のパワーボムにヘン・チーナが沈み決着。場内には「愛はおしゃれじゃない/岡村靖幸」が流れて大団円。
実は場外乱闘から中に戻った丁度のタイミングで「最狂プロレスファン列伝」の作者である徳光康之先生による似顔絵イラストコーナーにいたので試合タイムとか分からなかったのでざっくりしてしまって申し訳ないです。
ちなみに徳光先生にはこんなに美化したイラストを描いて頂きました。
結構いいでしょ?プロレスラーっぽい感じのテイストで宝物にしたいと思います。後々、棺に入れてほしい思いもあって名前を本名で書いてもらいました(笑)。
02:00〜DJ JIN
もう一人のヘッドライナー、RHYMSTERのマイクロフォンNo.3でありターンテーブルNo.1&2のDJ JINさんの登場。プロレスDJイベントと言うレースにはしっかり乗っかりながらご自身が掲げているDJ JINと言う看板もしっかり掲げるようにカッコいいトラックをかけてWMWをダンスフロアに仕上げた唯一のDJでした。
プロレス楽曲を全て網羅しているわけではなかったのでJINさんの時間は普通にダンスフロアとして楽しんでました。でも、曲の合間合間にエピソードを語るあたりはJINさんもれっきとしたプロレスDJなんだなぁって思いました。まあ、ヨーロッパにもアメリカにもこんなジャンル無いだろうから、紛れもなく「世界一カッコいい」プロレスDJだったんではないかと思います。
後追いで、システムことJINさんの奥さん噺とか知ってたからDJ中の話の面白さは半減してしまって悔しかったけど、ジャンボ鶴田「J」からスタンハンセン「Sunrise」かけて『ウィー』を叫ぶきっかけがなかったから思わずマイク握ってしまったけど、それもありにしてくれたJINさん最高でした。バーカウンターで急に喋る機会が来て思わず「サイタマノラッパー推してくれてありがとうございました」とかプロレスじゃない話をしてしまいました。ライムスター、Mummy−D、宇多丸ばかりに目が行ってましたけどJINさんも気になりました。
ちなみにマスクで登場されてたけど、しっかりRHYMSTERとか仁とか3って入ってて、この方も愛すべきプロレス好きなんだと感じたのでした。
そして8月のお誕生日の皆さんをお祝い、代表して清野茂樹さんのご挨拶がありました。
02:40〜レッスルビデオマニアグルーサムCREW
バッドガイ・ナベさんは以前にアフリカのプロレスを変珍さんがやってらっしゃる別のイベントで紹介されていた時に拝見していたけれども、今回はよく名前は聞いていたDJ急行さんとのコンビで登場。
急行さんハリウッドザコシショウのゴキブリTシャツを着ててすげぇなとか思っていたけれども遂にはそこは話すことはできませんでしたけど、この人達もまた曲者であり強者でした。新宿ロフトプラスワンをホームにされているという事ですけど、勝手知ったるロフトグループって事でビール頼みまくって、イントロクイズで正解者に配ったりとかラダーを出して登ったりとか、たぶんプロレスDJと言うジャンルで無ければ見ることはできない風景だったと思います。いやはや、ハードコアでした。
03:10〜変珍FEAT.徳光康之
オーガナイザー変珍さんが今度はDJとして登場です。森本レオナレーションのキャプチュードから入り、そこからの徳光先生の「まーえーだー」のアカペラから始まる「UWFのテーマ(歌唱)」何度も拝見してるけど、毎回毎回ブラッシュアップされてコンビネーションが上がってるのが凄い。その他にも「王者の魂」のDJ JINさんのリミックスかけて再び素顔のJINさんを登壇させたりとかJINさんの時同様にダンスフロアとして踊らせて頂きました。
03:40〜Barely Legal CREW
タバタさんと爆弾小僧さんのお二人で登場、実は彼らのイベントに行ったことがあって、マニアックなプロレスの映像を流しつつ場内はロックが流れてるという歌ったりプロレスの映像を楽しんだり2度おいしいイベントなわけです。
今までの出演陣と更に毛並みが変わり「プロレス×洋楽」って感じの楽曲を展開して盛り上げてくれました。LOFT9って椅子が並んでてそことブースの間にスペースがある感じなんだけど、さすがに3時台はお疲れの方も多くて座ってる方も多かったけど、WWE触れてる歴史が浅いけれども、プロレス楽曲だから関わってないはずはないわけですから、「これもプロレスなのか」ってこの二人の時間で何度思った事か。まだまだ底辺の広いプロレスの奥深さを実感させてくれた30分でした。ちなみに9月30日渋谷で次のイベントがあるそうです。
04:10〜狂い咲きサンダーリップスCREW
大トリはブリティッシュバタードッグさんと林人生さんによる大阪からの二人組。上には上がいました、後日談的にバターさんのつぶやきとかを見てると結構多くのネタがレッスルビデオマニアグルーサムのご両人に取られたらしいんだけど、それでもまだあんなにも「意味はよく分からないけどとにかくすごい勢いでふざけてる感じで面白い」なんてこの人達は本当にすごいな。
よくわかんないけど、CDをチョップしたら割れたっていうんですよ。そんなことあり得るのかと(笑)。最後の方はプロレス映画の1シーンを披露してたらしくて、兎にも角にも面白かったです。Twitterも見ながら書いたけど「この二人に伯爵の位を与えるべきなんじゃないか」って思いました。林人生さんも終演後「これをやり忘れた」みたいな反省を結構なさっててその引き出しの多さに驚かされました。
お客さんの中にプロレスは全く知らないっていう女子が来てて、その人は京都でバターさんのパフォーマンスを見て「また行きたいな」と思って次に東京に来たのがこのWMWだったらしい。てっきりTシャツの背中に「LIJ」って書いてると思って『この後両国なんですか』なんて聞いたら「これからコミケ行くんです」って言ってて、衝撃を受けたんだけど、なんかその気持ち凄い分かる気がした。また、東京来たら見たいしなんならその為に吉本新喜劇も絡めつつ大阪に観に行きたい。そう思わされた二人組で5時間は終了したのでした。
改めて見ると、プロレスDJという最初に書いた通りまだ歴史が浅いジャンルの中でこれだけ多種多様の展開があって、それぞれに違う毛並みを見せており、プロレスDJのすそ野の広さを感じました。もっとも、そもそもプロレスの裾野の広さを感じたらそこまで不思議なことではないけれども、本当に面白い5時間でした。そして、そのキャラ立ちメンバーを結集させた変珍さんの人脈も凄いなと思うわけです。
個人的な話をするとオーガナイザーの変珍さんからプロレスDJ全国大会的なこのWMW構想を聞いたのは今年の花見の時だったんだけど、その構想が4ヶ月でここまですごいイベントを作り上げたわけです。
そんな変珍さんと会ったのはプロレスとは別のPerfumeの楽曲が流れまくるイベントでそこでプロレス好きであることを知り一気に距離が縮まったわけだけれども、そのPerfumeイベント時代の熱狂をホームグランドのじゃすこでも感じていたけども、改めてWMWで全国のプロレス好きとプロレスDJの皆さんと会って熱狂は冷めやらず、ありきたりすぎるけどやっぱり「一番すげぇのはプロレス」だと思いました(笑)。
サインとか写真とかイラストとか物質的なものもそうですけど、自分のアクションに対するリアクションとか、他の方々のパフォーマンス、コスプレ、すべての面において宝物しか埋まってない5時間を過ごさせて頂きました。
写真ないけど、ファイヤープロレスリング体験ブースがあって実際プレイしてないけど、見てるだけでも懐かしいし面白かった。純然たる相撲取りがデスマッチ闘ったりとか友達の家で対戦してるのを見て楽しんでたような感覚もありました。楽しいしかなかった空間でした。また、是非。

2017年8月14日 (月)

引越し準備終わり

ようやく今日で引っ越しの荷物運びが終わって、あとは役場への届けとかを明日やれば、いよいよ準備完了!
なんやかんやと、引っ越しが決まってからあっという間だったなぁ。
始めてみれば準備も楽しくなってきたし、今は新しい生活が待ち遠しくて仕方ないな。
楽しいこと、悲しいこと、笑えること、泣きたくなるようなこと。
これからもたくさんの色んなことが起こると思う。
それら全てが僕にとって貴重な経験となっていくってわかっているから。
楽しいことだけじゃなくていい。
苦しいことだって時には必要なんだろう。
そんな上がったり下がったりの毎日を、目一杯体感して、生きていきたいな。
それこそが、ハッピーな人生なんじゃないかな。
今日のとてつもなく素晴らしいこと
引っ越しの荷物運びが完了したこと。
長い運転でも問題なくできたこと。
家での美味しい夕飯を食べられたこと。

いつもブログを読んでくれてありがとうクリックお願いします!

2つも流星でしかも1位とれてもう最高で

2つも流星でしかも1位とれてもう最高ですわ胸キュンスカッと王子だわはぁぁぁああ!!!!かっこいい!!!!!

【愛知】コンビニで偽札使用の中3男子を逮捕

コンビニで偽札使用の中3男子を逮捕
豊田市
愛知県豊田市のコンビニ店で偽の千円札を使って買い物をしようとした豊田市の中学3年男子生徒(15)が13日、偽造通貨行使の疑いで逮捕された。

警察によると、男子生徒は13日午後6時50分ごろ、豊田市前田町のコンビニで買い物をしようと、店員に偽の千円札を渡した疑い。
男子生徒は数日前にもこのコンビニで偽札を使っていたとみられ、店員が顔を覚えており、すぐに警察に通報。

買い物をしようとしたところを駆けつけた警察官に緊急逮捕された。

調べに対し男子生徒は
「間違いない」
と容疑を認めており、複数の余罪についてほのめかしているという。

警察は14日にも男子生徒の自宅を捜索して偽札の入手方法などを詳しく調べる。
中3、コンビニで“偽札使用”
「透かし」ない千円札
逮捕された少年は、菓子を買う代金として偽札を差し出したということです。
 
愛知県豊田市に住む中学3年の男子生徒(15)は13日午後7時ごろ、市内のコンビニ店で、約600円分の菓子の代金として偽の千円札1枚を店員に手渡した疑いが持たれています。
警察によりますと、男子生徒は数日前にもこの店で偽札を使ったとみられ、偽札には「透かし」がなかったということです。
市内では、5日以降コンビニなどで偽の千円札や5千円札が使用される事件が数件発生していて、警察が関連を調べています。

«鹿島山口一真の来季新加入内定7月にはド