« 5月27日(日)ばら園まつりでの伝道活動 - 富岡製糸場世界遺産伝道師協会 世界遺産情報 | トップページ | #途中制作 »

2018年6月15日 (金)

卵アレルギーのこと。

一歳5月の息子、卵アレルギーです。検査は迷ってまだ受けてないから
きちんとは分からないけど、
卵白に反応している模様。
市販のパンやお菓子、カステラなどは
大丈夫みたいなんだけど、
全卵の卵焼きには反応する。
生後5月で離乳食を始めて、5、6カ月の
比較的早い時期から卵はスタートしました。
ちょうど2017年の3月頃に卵を早く
摂取し始めた方が卵アレルギーの発症の
可能性が低くなるという研究結果が発表
された気がする。

息子はアトピーではないけれど、
乳湿疹があって、プロペト塗りまくりました!
なので、今はキレイなお肌。
やっぱり大人も子供も保湿って大切
ちなみに、夫は少しアトピー有りです。
私は幼少期は軽いのがあったけど、今は全く。

始めてから2、3月くらいで黄身はクリア
その次は全卵にも進み、卵自体大丈夫だなと
思っていて、大人食からの取り分けで
全卵で作った親子丼も食べていました。
が、ある日お昼に全卵の卵焼きを
あげたところぐずってから泣き叫ぶ!
最初わからなかったんだけど、あまりにも
ひどく泣くので見てみると顎の下から
首にかけてポツポツと蕁麻疹みたいなものが!
どうしよう。
と焦ってしまって、近くの掛かりつけの
病院に電話しました。
時間は午前診が終わった12時過ぎ。
考えたけど、もしつながったらと思ったら
たぶん院長の携帯に転送になったみたいだけど、
出てくれた!
慌てて名乗らず話し始めた私に優しく
お母さん、大丈夫ですよ。
呼吸に問題がなければ、心配いりません。
と言ってくださって、ホッとしたのを
覚えています。
まさかクリアしたはずの卵でアレルギーが
出るとは思っていなくって。
体調によっても出ることがあるみたいなんだけど、
見る限り全く普通。
元気だし、お散歩にも行った。
その後、また卵を黄身の耳かき一杯位から
スタートして黄身はクリアしました。
けど、まだ卵白には、ちゃんと挑戦できず。
というか、ほんの少し卵焼きに
卵白を混ぜてみたんだけど、ポロポロでました。
やっぱりダメなのね。
アレルギーを専門にしている方に
お話伺ったところ、卵はかた茹でにして
更に20分置いたものを始めは与えるところから
スタートするのが望ましいそうです。
更に20分て、、、
んなかなかハードル高いよね。
これを聞いたのは息子が卵アレルギーと
わかった後の10月頃のこと。
これを最初から実行していたら卵アレルギーは
回避できたのかな。
あと、最近になって犬のアレルギーの疑惑も。
これはまた書くかも。
あぁ、難しいなぁ。
卵使えないって、結構料理の幅が狭くなるけど
もっと大変な子もいるのに、お母さんは
頑張ってご飯作ってたり。
私も楽しみながら息子ごはん作って
いきたいなと思ってます。
卵アレルギーは、比較的大人になるにつれて
改善されやすいというから、期待したいなぁ。
魚卵はまだ食べさせてないけど、どうなんだろ。
調べると鶏卵と魚卵は別物で
アレルギーに共通はないみたいなんだけどな。
私の親はアレルギーのこと、全く気にせず
食事を進めていたみたい。
昔ってそんなんだろーか。
今って結構気を遣いながら、離乳食を
進めるお母さんが多い気がします。
だいぶ長くなったけど、それでは

« 5月27日(日)ばら園まつりでの伝道活動 - 富岡製糸場世界遺産伝道師協会 世界遺産情報 | トップページ | #途中制作 »