« 病院内散策 -  団塊世代の人生時計 | トップページ | 茶番劇第1章第5部突撃 »

2018年7月13日 (金)

どこまでを【サポート】と考えているか〜スポーツ栄養士の選び方その4〜

前回の記事はこちら ⇒ その3-1 と 3-2
有料でサポートをしている方でも
そのスキルにはピンキリがあります。
これは栄養サポートだけでなく、仕事というのは
経験の差はあるし、当然それによってスキルの差も
生じるのは多くの人が理解と同意をしてもらえるのではないかと思います。
 
僕がパーソナルトレーナーを始めた16年前は
60分3,675円からスタートしました。
当時はフィットネスクラブの中における内部養成で
試験に受かればパーソナルトレーナーができる時代でした。
内部養成で出会った最初の師が
多分、真央君や松田さんはこの講座の
内容だと2週間程度でネタに尽きるだろう
といって、師匠が個人で開催するスクールに通い始めました。
そこで、当時としては珍しかった身体調整のスキルを
身につけてはお客様に還元していくことで
自分自身も能力を高めていっただけでなく
どんどんリピーターや新規のお客様が増えていきました。
結果、一番売れていた時期で最高月170件のセッション。
月平均でも150件程度。
当然、30分または45分のセッションもありましたが
ほとんどが60分や90分のセッションもありました。
1日10件の日は終わった後はもう生ける屍状態( ?Д?)?????
今、それだけ件数を受け付けたら、確実に身体を壊しますw
・・・で、なぜそのような話をしたかというと
スキルにピンキリがあるのは仕方がないのですが
そのスキルの差を何で埋めていくのかは
専門家の資質によるものと僕は考えます。
 
スポーツ栄養士の選び方に話を戻しますと
スポーツ栄養士のスキルの有無は一般の方には
今ひとつわかりにくいかもしれませんが
プロフィールはひとつの参考になるかと思います。
(そのヒントの記事はその0を参照ください)
 
大抵、資格や経歴がプロフィールには書かれていますね。
その経歴に時折、月間、年間あるいは累計数で
サポートした人数が書いてある場合があります。
当然、TWCも書いてありますよ。
過去のことではありますが松田は年間1000件のセッション数。
僕は先述したように(これも過去のことですが)月平均150件。
これらは全てパーソナルセッションの件数として載せています。
そして、フィットネスクラブに在籍していた時に出せた件数です。
ここまでの件数をパーソナルで出すためには、スキルだけでなく
宣伝が出来る整った環境やお客様、スタッフ共に積み重ねた
信頼度が高い状態にあることで出せた件数と僕は考えます。
さて、フリーの栄養士でこの件数を個別相談だけで出すことは可能か?
ということですが、松田のようにパーソナルも出来たり
他の個別サポートができるスキルや恵まれた環境を
持ち合わせていない限りは
至極達成困難な件数と言えるはずです。
栄養士による食事の個別サポートの認知度や依頼度は
パーソナルトレーニングやパートナーストレッチと比べて
まだまだ少ないと僕は考えます。
でも、スポーツ栄養の業界にいる方のプロフィールの中には
何千〜何万のサポートをしてきました!と書いてある方もいます。
これは、どこまでを「サポートの範疇」とするか?という
範囲の広さがかなり広く設けられています。
つまり、個別サポートだけではなく講座の集計人数も含まれる。
一般の方からすれば、「へぇ〜人気のある方なんだなぁ〜」で
終わってしまいますが、業界の中にいると
デビューしてまだ3年程度しか経過していないのに
いきなり何千人ものサポートって・・・どういうこと???
いきなり積み立てた経験もなく年間1000件達成かい?( ?Д?)
それなりに経歴がある方で何万人と書いてありましたが
これも松田の件数で考えたら、10年で1万ですから
何十年間コンスタントに1000件以上達成しているということになります。
何十年前にスポーツ栄養サポートを初めて、年間1000件。
あり得ない数字です。現在だって、困難な件数です。
ですが、講座の人数を加えれば不可能な数字じゃなくなる。
嘘はついていないわけだから、何も問題は無いということ。
そもそも、スポーツ栄養サポートとは何かという定義がない。
だから、講座であろうが個別であろうがサポートしたという
実績に加えても問題ないわけですね(;^ω^)
業界の中では、少し選手と話をしただけで
〇〇選手の栄養サポートしました!って大々的に
出している方もいるという話も出回ってきますし・・・(´?ω?`)
はい。ちょっとした、闇の部分ですね。
つまりプロフィール上のサポート件数というのは
あまりあてにならない情報と考えてもらえればと思います。
業界内では、プロフィールと実力が伴っていない栄養士の
話も多く聞きます・・・残念ながら。
ちなみに、パーソナルトレーナーの場合
月50件超えれば食べていけるし売れている。
100件超えれば超売れっ子と昔は言われたものです。
年間1000件を達成するのがいかに難しいか
少しご理解頂けるのではないでしょうか?
こうなってくると、いよいよ経歴もあてにならないなら
どないせぇっちゅーねん!(´;ω;`)と
思う方もいるかもしれませんね。
こんな感じでw
ですが、まだ事前に集められる情報があります。
これに関してはまた次回(^_-)-☆

現在募集中のTWCセミナー
2018年7月8日(日)開講
目からうろこのセミナーの作り方 Basic1
2018年7月22日(日)開講
栄養士のためのメンタルサポーター養成講座 ベーシック
2018年8月19日(日)開講食育の達人 入門編 〜松田も知らないMATSUDAメソッド〜
2018年9月2日(日)開講
第15回 次世代栄養士養成講座 Basic1

« 病院内散策 -  団塊世代の人生時計 | トップページ | 茶番劇第1章第5部突撃 »